コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山盆地 たかやまぼんち

5件 の用語解説(高山盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高山盆地
たかやまぼんち

岐阜県北部,神通川の上流をなす宮川の上流部にある盆地。標高約 580mの高地にあり,内陸に位置するため,気候は夏季冷涼で冬季は厳寒。盆地の大部分は高山市域に属し,西半分には一毛作田が多く,飛騨地方有数の米作地を形成している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかやま‐ぼんち【高山盆地】

岐阜県北部にある盆地。中心は高山市。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たかやまぼんち【高山盆地】

岐阜県北部,飛驒高地の中央部にある盆地。周囲を見量(みはか)山,源氏岳,松ヶ洞山など標高1000m前後の山々に囲まれ,盆地底には南から宮川,東から江名子川,大八賀(おおはちが)川,西から川上(かおれ)川などが流入する。盆地はそれらの河川による沖積地で,周囲の山間にも入りこんでいる。標高約600mで南から北に低くなり,まわりに比高50~100mの台地・丘陵地がある。東部の台地・丘陵地にはかなり広い平たん地があるが,西部の丘陵地は浸食が進んで平たん地は少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕高山盆地(たかやまぼんち)


岐阜県北部、富山湾に注ぐ神通(じんずう)川上流の宮(みや)川上流域にある盆地。周囲を1000m級の山岳に囲まれ、飛騨(ひだ)高地最大の平地をなす。盆地床の標高約500~700m。中心都市の高山市は近世初期からの城下町・陣屋町で、飛騨地方の産業・文化の中心。現在も往時の町並みや伝統文化が保存される。稲作・畜産・高原野菜の栽培のほか、周辺の森林資源を用いた木工業が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山盆地
たかやまぼんち

岐阜県の北部、飛騨(ひだ)地方の中央部を北流する宮川に沿って開ける盆地。標高約600メートル。夏は涼しく、しのぎやすい。東方には乗鞍(のりくら)岳をはじめ、北アルプスの雄大な山々が遠望される。中心は高山市で、早くから文化が開け、魅力のある伝統文化が形成され、江戸時代の町並みも保存され、また飛騨の工匠の技能は現代にも継承されている。JR高山本線、名古屋と富山を結ぶ国道41号や福井―松本間の国道158号が通じる。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山盆地の関連キーワード篠山盆地富良野盆地宮川ジュンガル盆地飛騨高地・飛驒高地飛騨八幡[町]古川[町]飛驒高地宮[村]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone