コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨春慶 ヒダシュンケイ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

飛騨春慶[漆工]
ひだしゅんけい

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
飛騨で生産される春慶塗りの額縁・小たんす・収納用の箱・食器類・・ぜん・はし・はし箱・花瓶・おしぼり受け。江戸時代初期、大工の棟梁・高橋喜左衛門が、たまたま打ち割ったに美しい木目を発見して盆をつくった。その盆を透き漆で塗ったものが飛騨春慶の始まり。板物・曲物挽物がつくられ、板物や曲物には針葉樹の檜、割目・批目細工には椹、挽物には広葉樹の栃を素材として使う。1975(昭和50)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2007(平成19)年3月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5030584号。地域団体商標の権利者は、飛騨春慶連合協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

飛騨春慶の関連キーワード岐阜県高山市

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android