コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨牛

2件 の用語解説(飛騨牛の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飛騨牛

県内での肥育期間が14カ月以上の黒毛和種で、枝肉にした段階で肉質の等級が5等、4等、3等に格付けされた牛肉。肉用牛を扱う農家は県内に約680戸あり、出荷された年間約2万4千頭のうち、1万1261頭(2010年度)が飛騨牛に認定されている。きめ細かい霜降りや、ももまで入るサシ(脂肪分)、薄ピンクの肉色が特徴。東海地方で88%が消費されている。

(2011-07-22 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

飛騨牛(ひだぎゅう)

岐阜県で肥育された黒毛和種の牛肉のうち、一定の基準を満たしたもの。地域団体商標全国和牛能力共進会で複数回受賞しており、高品質で知られる銘柄肉。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛騨牛の関連キーワード褐毛和種黒毛和種松阪牛和牛黒毛基本手当黒毛和牛褐毛(あかげ)和種佐賀牛宮崎牛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛騨牛の関連情報