コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井家 あすかいけ

3件 の用語解説(飛鳥井家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛鳥井家
あすかいけ

藤原師実の子孫雅経を祖とする公家。雅経は藤原定家に和歌を学び,定家らとともに元久2 (1205) 年『新古今和歌集』を撰し,家集『明日香井集』を著わした。また蹴鞠にもすぐれ,歌鞠二道を子孫に伝えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飛鳥井家【あすかいけ】

歌道・蹴鞠の家。藤原雅経(まさつね)〔1170-1221〕を祖とする公家(羽林家)。雅経は蹴鞠に長じ,飛鳥井流の蹴鞠を興す一方,歌才も認められて《新古今和歌集》の撰者の一人に選ばれ,飛鳥井家の歌道家としての基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あすかいけ【飛鳥井家】

藤原氏北家の流れ。難波家の支流。家格は羽林(うりん)家。平安末難波家の祖忠教の子頼輔は蹴鞠一道の祖といわれたが,その孫にあたる飛鳥井家の祖参議雅経(まさつね)(1170‐1221)も蹴鞠に長じ,飛鳥井流の蹴鞠を興す。また雅経は藤原俊成に歌道を学び,《新古今集》の撰者の一人になるなど和歌にもすぐれ,飛鳥井家が蹴鞠,和歌両道の家として繁栄する礎を築いた。室町時代には権中納言雅世,権大納言雅親(1417‐90)父子が歌道の発展に尽くし,雅世は《新続古今集》の撰者となり,雅親も《飛鳥井家式法》《和歌道しるべ》《和歌入学抄》などを著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飛鳥井家の関連キーワード四条家持明院家清華家中御門家難波家葉室家広橋家北家四家園家

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛鳥井家の関連情報