コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井家 あすかいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛鳥井家
あすかいけ

藤原師実の子孫雅経を祖とする公家。雅経は藤原定家和歌を学び,定家らとともに元久2 (1205) 年『新古今和歌集』を撰し,家集『明日香井集』を著わした。また蹴鞠にもすぐれ,歌鞠二道を子孫に伝えた。その孫雅有は,『続後撰集』の撰者の一人であり,その曾孫雅縁も歌人として有名。その子雅世は後花園天皇の勅命により永享 11 (1439) 年『新続古今和歌集』を撰した。その子雅親 (法名栄雅) は歌の判者として知られ,足利義政のために『古今栄雅抄』などを著わし,また家集『亜槐和歌集』がある。雅親は書道にもすぐれ,飛鳥井流を開いた。その弟雅康も歌,書二道に長じ,二楽流を創始した。子孫相次いで和歌,蹴鞠の家として朝廷に仕え,明治にいたり伯爵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

飛鳥井家【あすかいけ】

歌道・蹴鞠の家。藤原雅経(まさつね)〔1170-1221〕を祖とする公家(羽林家)。雅経は蹴鞠に長じ,飛鳥井流の蹴鞠を興す一方,歌才も認められて《新古今和歌集》の撰者の一人に選ばれ,飛鳥井家の歌道家としての基礎を築いた。室町時代には,雅世〔1390-1452〕が足利義満以下の将軍の信任を受け,21番目の勅撰集《新続古今集》を撰進し,二条家冷泉家と並ぶ歌道家と目されるにいたった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あすかいけ【飛鳥井家】

藤原氏北家の流れ。難波家の支流。家格は羽林(うりん)家。平安末難波家の祖忠教の子頼輔は蹴鞠一道の祖といわれたが,その孫にあたる飛鳥井家の祖参議雅経(まさつね)(1170‐1221)も蹴鞠に長じ,飛鳥井流の蹴鞠を興す。また雅経は藤原俊成に歌道を学び,《新古今集》の撰者の一人になるなど和歌にもすぐれ,飛鳥井家が蹴鞠,和歌両道の家として繁栄する礎を築いた。室町時代には権中納言雅世,権大納言雅親(1417‐90)父子が歌道の発展に尽くし,雅世は《新続古今集》の撰者となり,雅親も《飛鳥井家式法》《和歌道しるべ》《和歌入学抄》などを著した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

飛鳥井家の関連キーワード二条家(歌の家)飛鳥井雅縁飛鳥井雅経飛鳥井雅宣飛鳥井雅世飛鳥井雅章飛鳥井雅親鹿持雅澄里村昌休難波宗勝二条教定日比正広斎藤真蔭

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android