コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥板蓋宮跡 あすかのいたぶきのみやあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛鳥板蓋宮跡
あすかのいたぶきのみやあと

皇極2 (643) 年から営まれた皇居跡。大化改新端緒となった蘇我入鹿の殺害は,この大極殿で行われたという。その後,斉明天皇 (皇極の重祚) はこの宮で即位した (655) が,同年冬焼亡した。その跡地はまだはっきりしないが,川原寺東方の地 (奈良県高市郡明日香村) が有力である。この地では 1959年以降,継続して発掘調査が行われており,1本柱列で区画された南北約 240m,東西約 135mの地に,大規模な井戸跡をはじめ建物遺構,敷石遺構などが検出されており,木簡須恵器土師器 (はじき) などが出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

飛鳥板蓋宮跡の関連キーワード飛鳥稲淵宮殿跡飛鳥京跡苑池飛鳥浄御原宮酒船石遺跡

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android