コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食料安全保障 しょくりょうあんぜんほしょう food security

3件 の用語解説(食料安全保障の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

食料安全保障

生存に必要な食料を、必要な時に安定的に入手できる権利。日本のような食料自給率の低い食料純輸入国では、セーフティーネットとしての一国食料安保が関心事となるが、世界的には飢餓・栄養不足が食料安保の課題と見なされている。世界ミレニアム開発目標は2015年までに世界の栄養不足人口を半減させるという目標を設けたが、なかなかその実はあがっていない。それどころか今後の人口増大や所得の上昇によって、世界の食料需要は長期的に増大すると見込まれているのに、農地・土壌や水など生産基盤の弱体化、地球環境問題(温暖化や気候変動、オゾンホールなど)による生産変動、「緑の革命」効果の一巡などの要因によって生産の大幅拡大は期待しにくく、食料安保が脅かされる恐れがある。実際、コメの重要性に着目した「国際コメ年2004」(2002年12月の国連総会で採択)などの取り組みにもかかわらず、米国農務省の資料によると、世界の穀物在庫は1995穀物年度以降全体的には減少・横ばい気味で推移し、07/08年度には、3.1億tになると予測されている。2年前に割り込んだ4億t水準に戻るどころか、3億tさえも下回りかねない段階に来ている。その背後には、トウモロコシを原料とするバイオエタノール生産の急増と中国を含む東アジアが世界最大の穀物輸入地域に転換しているという市場構造の変化がある。加えて、米国農務省による07年9月12日の発表では08年5月末の世界の小麦在庫が30年ぶりの低水準となる見通しで、国際価格は過去最高価格を上回る水準で推移している。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょくりょう‐あんぜんほしょう〔シヨクレウアンゼンホシヤウ〕【食料安全保障】

《「食糧安全保障」とも書く》すべての人が常に健康で活動的な生活を送るために必要な、安全で栄養に富んだ食料を得られるようにすること。凶作、産出国の輸出制限など不測の場合にも、国が良質の食料の安定した供給を保障すること。
[補説]食料・農業・農村基本法の第2条で、食料の安定供給の確保について規定している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょくりょうあんぜんほしょう【食料安全保障】

国民に必要な食料の安定供給を確保し、その生命と健康を守ること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食料安全保障の関連キーワード安定多数軍資金口糧ドラッグデリバリーシステム必要労働時間手続致死率(微生物の)必要資金横浜市学校給食会Degree Requirements

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食料安全保障の関連情報