食言(読み)ショクゲン

デジタル大辞泉の解説

しょく‐げん【食言】

[名](スル)《一度口から出した言葉を、また口に入れてしまう意》前に言ったことと違うことを言ったりしたりすること。約束を破ること。「食言して野党の糾弾を受ける」「食言行為」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくげん【食言】

( 名 ) スル
〔「書経湯誓」より。一度口から出した言葉を、また、口に入れる意〕
前に言ったことと違うことを言うこと。また言ったことを実行しないこと。約束を守らないこと。うそをつくこと。 「君子は-せず」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食言の関連情報