コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯尾兼晴(読み)いいお かねはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯尾兼晴 いいお-かねはる

1611-1646* 江戸時代前期の武士。
慶長16年生まれ。もと肥前島原城主松倉氏の臣という。叔父と弟を刑死させた讃岐(さぬき)高松藩の家老生駒(いこま)正種を追い,生駒の公儀預かり先の出雲(いずも)松江藩に仕官。正保(しょうほ)2年12月17日仇(あだ)討ちをはたしたのち切腹。35歳。変名は遠山市郎左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例