飯尾兼晴(読み)いいお かねはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「飯尾兼晴」の解説

飯尾兼晴 いいお-かねはる

1611-1646* 江戸時代前期の武士
慶長16年生まれ。もと肥前島原城主松倉氏の臣という。叔父と弟を死させた讃岐(さぬき)高松藩の家老生駒(いこま)正種を追い,生駒の公儀預かり先の出雲(いずも)松江藩仕官正保(しょうほ)2年12月17日仇(あだ)討ちをはたしたのち切腹。35歳。変名は遠山市郎左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android