飯島光峨(読み)いいじま こうが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島光峨 いいじま-こうが

1829-1900 江戸後期-明治時代の日本画家。
文政12年5月生まれ。江戸の人。狩野派の沖一峨(いちが)に入門。明治10年の第1回内国勧業博覧会をはじめ各種の展覧会に出品。花鳥画を得意とした。明治33年2月11日死去。72歳。名は義明。別号に後素堂。作品に「蓮池」「桜花」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android