コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素堂 ソドウ

7件 の用語解説(素堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そどう〔ソダウ〕【素堂】

山口素堂(やまぐちそどう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

素堂【そどう】

江戸中期の俳人。姓は山口,名は信章。別号,蓮池翁,今日庵,其日庵等。甲斐の人。京都で北村季吟に俳諧を学んだと伝えられる。のち江戸に出て,芭蕉とともに,江戸下向中の宗因と一座し,芭蕉との親交を深めた。
→関連項目一茶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

そどう【素堂】

1642‐1716(寛永19‐享保1)
江戸前期の俳人。姓は山口,名は信章。甲斐国北巨摩郡教来石字山口の郷士の家に生まれた。少年時代父に従って甲府に移り,さらに20歳のころ江戸に出て林家について漢学を修めた。その後しばらく京へも遊学したらしい。俳諧は季吟門と伝えたが,最初の入集は加友撰《伊勢踊》(1668)で,〈江戸山口氏信章〉として5句。1675年(延宝3)5月,江戸下向中の宗因を歓迎する俳席に桃青(芭蕉)とともに出座,以後,翌年には両人で《江戸両吟集》を発行するなど親交を深め,芭蕉らの新風を支持した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そどう【素堂】

山口やまぐち素堂

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素堂
そどう

山口素堂」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

素堂
そどう
(1642―1716)

江戸前期の俳人。山口氏。名は信章。別号に来雪、松子、素仙堂、蓮池翁。茶道の号として今日庵(こんにちあん)、其日庵(きじつあん)。甲斐(かい)(山梨県)の人。生家は素封家で酒造業を営む。20歳のころ家業を弟に譲り、江戸や京都で、漢学、和歌、書道、俳諧(はいかい)、茶道のほか、謡曲、琵琶(びわ)、香道などを学んだという。一時仕官したらしいが1679年(延宝7)には致仕、初め江戸の上野不忍池(しのばずのいけ)池畔(ちはん)に、のち葛飾(かつしか)に退隠、蕉門(しょうもん)俳人ほか人見竹洞、戸田茂睡(もすい)などとも交流、脱俗清雅の生活を送った。俳諧作品は1667年(寛文7)刊の『伊勢(いせ)踊』に初出。延宝(えんぽう)期(1673~81)には芭蕉(ばしょう)と提携して談林俳人として活躍、さらに天和(てんな)期(1681~84)以後は、その漢学の素養をもって蕉風の成立に貢献した。ただし、その後の句作はあまり多くない。俳風は淡泊温雅。その門流を葛飾蕉門とよぶ。編著に『とくとくの句合(くあわせ)』(1735)、家集に『素堂家集』(子光編と久荘編の2種類)がある。
 目には青葉山郭公(やまほととぎす)はつ鰹(がつを)[堀 信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の素堂の言及

【葛飾派】より

…葛飾正風,葛飾風ともいう。葛飾に住んだ素堂(そどう)(1642‐1716)を祖とするところからこの名が起こった。素堂の別号其日庵(きじつあん)を継ぐ者が代々中心となった。…

※「素堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

素堂の関連キーワード浅見左逸伊藤信徳岩田凉菟阿形但秀尼坂好道半井和年傘下智月尼椎陰大練舎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

素堂の関連情報