飯田 経夫(読み)イイダ ツネオ

20世紀日本人名事典の解説

飯田 経夫
イイダ ツネオ

昭和・平成期の理論経済学者,経済評論家 名古屋大学名誉教授。



生年
昭和7(1932)年9月27日

没年
平成15(2003)年8月4日

出生地
大阪府大阪市

出身地
愛知県

学歴〔年〕
名古屋大学経済学部〔昭和30年〕卒,名古屋大学大学院経済科修了

学位〔年〕
経済学博士

主な受賞名〔年〕
石橋湛山賞(第1回)〔昭和55年〕「高い自己調整力をもつ日本経済」,中日文化賞(第47回)〔平成6年〕,紫綬褒章〔平成10年〕

経歴
名古屋大学講師を経て、昭和40年助教授、50年教授に就任。62年経済学部長。平成元年国際日本文化センター教授、10年中部大学教授。この間、昭和47年海外技術協力事業団の専門家としてインドネシア国家開発企画庁のアドバイザーを2年務め、第2次経済開発5ケ年計画作成に協力した。53年には大平内閣の政策ブレーンとなり、財政制度審議会委員、税制調査会委員、外国為替等審議会委員、人事院参与などを歴任。専門の理論経済学以外にも政策論や文明論に通じ、ざっくばらんに日本経済を論評した。また名大経済学部長時代には特色ある人材を求め、共通一次試験を免除してクラブ活動などを評価する異例の推薦入試制度を導入して注目を集めた。著書に「賃金と物価」「日本的力強さの再発見」「『ゆとり』とは何か」「援助する国される国」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android