コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飾山囃子 オヤマバヤシ

3件 の用語解説(飾山囃子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おやま‐ばやし【飾×囃子】

民俗芸能の一。秋田県仙北市角館(かくのだて)地区で、9月7~9日の神明社の祭礼に行われる歌舞。飾山という人形などを飾った山車(だし)の上で演じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おやまばやし【飾山囃子】

秋田県仙北せんぼく市角館かくのだて町神明社の陰暦八月六日の祭礼に行われる歌舞。飾山と呼ぶ山車だしを引き、その上で独特の囃子や娘の手踊りがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飾山囃子
おやまばやし

秋田県仙北(せんぼく)市角館(かくのだて)町の秋祭りの民俗芸能。9月の7、8、9の3日間、各町内から思い思いに装いを凝らした山車(だし)が出る。山車の上部を歌舞伎(かぶき)人形で飾り、下部を幕で覆って囃子方の下座(げざ)とする。囃子方は大太鼓、小太鼓、鼓、摺鉦(すりがね)、笛、三味線、歌い手など7、8人。山車の前方に張り出した部分をミジャ(水屋)といって、踊り子が3人ないし4人乗って、囃子のリズムにあわせて交互に踊る。山車の行進中は上り山(本調子)、下り山(三下り)、下り藤(ふじ)(三下り)が囃され、歌も踊りもつかない。山車が止まると、『秋田甚句(じんく)』『秋田おばこ』『長者の山』など民謡風の曲に変わり踊りがつく。拳(けん)ばやし、二本竹のように歌のないものもある。祭りは、「角館祭りのやま行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。[萩原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飾山囃子の言及

【祭囃子】より

…これらの町がかつて雅楽曲を演奏していたかどうかは不明で,楽器は通町だけが笙(しよう)・篳篥(ひちりき)・羯鼓(かつこ)・大太鼓・鉦鼓などの雅楽器を使用し,他は笛・太鼓・鉦を中心とした一般的な祭囃子の楽器である。 主要楽器に三味線を加える例として秋田県仙北郡角館(かくのだて)町の神明社祭(9月7~9日)の飾山(おやま)囃子がある。飾山は,黒布で大きな山をつくり,芸題にかなった人形や建物を配して町内を巡行するもので,神社へ向かうときの囃子を〈上り山〉といい,《本調子》《大山囃子》《小山囃子》《六法》《拳囃子》などの曲を,神社から町内へ戻るときの囃子を〈下り山〉といい《道中》を奏する。…

※「飾山囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飾山囃子の関連キーワード角館仙北仙北市インスペック田沢湖マラソンたっこちゃん角館[町]小田野兎毛富木友治本田安次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飾山囃子の関連情報