コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香山淳碩 こうざん じゅんせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香山淳碩 こうざん-じゅんせき

?-1626* 江戸時代前期の僧。
曹洞(そうとう)宗。京都の人。三河(愛知県)全久院の九峰如珊(にょさん)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,のち三河全久院,信濃(しなの)(長野県)全久院などの住持となった。寛永2年12月3日死去。俗姓は橘。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

香山淳碩の関連キーワード曹洞

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android