コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香山滋 かやま しげる

2件 の用語解説(香山滋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香山滋 かやま-しげる

1909-1975 昭和時代後期の小説家。
明治42年7月1日生まれ。大蔵省に勤務。昭和22年第1作「オラン・ペンデクの復讐(ふくしゅう)」を発表。23年「海鰻(かいまん)荘奇談」で第1回日本探偵作家クラブ新人賞。幻想・怪奇ものをかく。映画「ゴジラ」の原作で知られる。昭和50年2月7日死去。65歳。東京出身。法大中退。本名は山田鉀治(こうじ)。作品はほかに「ソロモンの桃」「蜥蜴(とかげ)の島」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香山滋
かやましげる
(1904―1975)

小説家。本名山田(こうじ)。東京生まれ。法政大学経済学部を中退、大蔵省に勤務。1947年(昭和22)処女作『オラン・ペンデクの復讐(ふくしゅう)』でデビュー。同年『海鰻荘(かいまんそう)奇談』で第1回日本探偵作家クラブ賞(現日本推理作家協会賞)を受けたが、彼の作品は推理小説ではなく、趣味として研究してきた古生物学や地質学の知識を生かした秘境冒険、怪奇幻想小説で、怪獣の描写を得意とした。長編には『ソロモンの桃』『火星への道』があり、SF的作品も書いたが、映画化されて著名になったゴジラは彼の原案によるものである。[厚木 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香山滋の関連キーワード梶山季之阿部昭仁木悦子藤原審爾山田克郎川上宗薫折目博子小林美代子佐賀潜咲村観

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香山滋の関連情報