コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香長平野 かちょうへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香長平野
かちょうへいや

高知県中部,高知平野の東半部で,物部川下流沿岸に展開する平野。赤岡野市の両台地 (台地面) と沖積平野とに分けられるが,扇状地性で平野の傾斜が比較的大きい。県下の農業中心地で,かつての二期作に代って現在は施設園芸が発達。古くから土佐の中心地として開発され,条里制の遺構などが残存する。物部川西岸に南国市がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香長平野
かちょうへいや

高知県中央部の高知平野の東部を占める平野。物部(ものべ)川下流の沖積平野で、香美(かみ)郡と長岡郡にまたがることから香長平野という。現在は南国(なんこく)市、香南(こうなん)市、香美(かみ)市からなっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の香長平野の言及

【高知平野】より

…高知県中央部に位置する平野。狭義には浦戸湾に注ぐ鏡川,国分川,久万(くま)川下流の平野を,広義にはこれに物部(ものべ)川下流の香長(かちよう)平野を含めた地域をさす。平野は,東西方向に並列する丘陵地帯が沈水し,ここに上記諸河川などが扇状地,三角州をつくって形成したものである。…

【物部川】より

…高知県東部中央をほぼ南西流して土佐湾に注ぐ川。香美郡物部村北東部の白髪山(1770m)の東斜面に源を発した槙山川が,渓谷美で知られる剣山国定公園中の別府(べふ)峡を南流,さらに南西に向きを変えて物部村の中心地大栃で,徳島県境の三嶺(さんれい)(1893m)の南斜面に源を発する上韮生(かみにろう)川と合流,香北町を経て土佐山田町杉田(すいた)付近で南に方向を転じ,香長平野(高知平野)に出て吉川村で土佐湾に注ぐ。槙山川の水源地から河口までを物部川と総称するが,大栃で合流して以後を物部川とする場合もある。…

※「香長平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

香長平野の関連キーワード土佐山田[町]井上忠右衛門香美(市)土佐山田式地亀七香我美香南市香美市吉川岸本夜須

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香長平野の関連情報