コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高知平野 こうちへいや

6件 の用語解説(高知平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高知平野
こうちへいや

高知県中部,土佐湾に面する平野。別称土佐平野。面積 140km2浦戸湾の湾奥の高知市を中心とした低湿な狭義の高知平野南国市を中心とした物部川下流沿岸の扇状地性で高燥な香長平野仁淀川下流沿岸に広がる土佐市を中心とした仁淀平野の三つに分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうち‐へいや〔カウチ‐〕【高知平野】

高知県中央部、土佐湾岸にほぼ東西に細長く発達した平野の総称。物部(ものべ)川下流域の香長(かちょう)平野、鏡川・国分川下流域の狭義の意味の高知平野、仁淀(によど)川下流域の広岡平野・高岡平野からなる。鏡川三角州に高知市があり、市東部の介良(けら)は水稲の二期作の発祥地といわれる。土佐平野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高知平野【こうちへいや】

高知県中部,土佐湾に面する平野。面積約140km2。東部は物部川扇状地の香長平野で,高燥のため乾田が多く,米二期作,裏作の促成野菜栽培が盛ん。中心は南国市。
→関連項目香我美[町]高知[県]野市[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうちへいや【高知平野】

高知県中央部に位置する平野。狭義には浦戸湾に注ぐ鏡川,国分川,久万(くま)川下流の平野を,広義にはこれに物部(ものべ)川下流の香長(かちよう)平野を含めた地域をさす。平野は,東西方向に並列する丘陵地帯が沈水し,ここに上記諸河川などが扇状地,三角州をつくって形成したものである。なお,西部の仁淀(によど)川下流の平たん地を含めて最も広義の高知平野とすることもある。最も広義の範囲には,高知,南国,土佐の3市および周辺の町村を含み,県域の約1割しか占めないが,県人口の過半数が集中し,あらゆる意味で県の中心部となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕高知平野(こうちへいや)


高知県中央部の平野。土佐(とさ)湾に沿い東西約40kmに広がる。土佐平野とも。高知市街を中心とする狭義の高知平野(鏡(かがみ)川・国分(こくぶ)川下流域)、西部の春野(はるの)平野(仁淀(によど)川下流域)、東部の香長(かちょう)平野(物部(ものべ)川下流域)に3区分される。香長平野はイネ・促成野菜、春野平野はスイカ・キュウリのハウス栽培が盛ん。高知市は近代工業が発展し、吾川(あがわ)郡いの町には伝統的な製紙業が残る。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高知平野
こうちへいや

高知県中央部、土佐湾に臨む沖積平野。東端の香南(こうなん)市夜須(やす)町手結(てい)から西端の土佐市名古屋トンネルまで東西約40キロメートルに及び、北は正蓮寺(しょうれんじ)高原や不入(いらず)山脈で画される。東部の物部(ものべ)川下流の香長(かちょう)平野、中央の国分(こくぶ)川、鏡(かがみ)川下流の狭義の高知平野、西部の仁淀(によど)川下流の高岡平野、弘岡(ひろおか)平野(春野平野)に分かれ、平野間は孤立丘陵や低平な山脈によって画されている。扇状地性の香長平野は比較的高燥で、土佐藩政初期に執政野中兼山(けんざん)によって山田堰(せき)や灌漑(かんがい)水路が建設され水田化が進んだ。江戸時代中期から水稲二期作が広く行われ、現在は米作のほか、促成野菜、果樹、花卉(かき)などの栽培が盛ん。中央の高知平野は、かつては浦戸(うらど)湾が内陸に広がっていたが、河川の堆積(たいせき)作用と戦国時代以後の干拓によって陸化した所が多い。湾の周辺は低湿で、1946年(昭和21)南海地震の際には約15平方キロメートルが地盤沈下した。湾の西側は高知市街地、東側は水田地帯が広がり、海岸の砂丘地では施設園芸が盛ん。高岡平野、弘岡平野ではスイカ、キュウリの施設園芸が盛んで、ビニルハウスが目だち、低湿地ではイグサ栽培も行われている。
 平野内には5市2町があり、県人口の50%以上が集中する。高知市のほか、近世在町に起源する後免(ごめん)(南国(なんこく)市)、山田(香美(かみ)市)、高岡(土佐市)、野市・赤岡(香南市)などが知られ、今日では平野全域が高知市への通勤圏となっていて、各地で宅地化が進んでいる。[正木久仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高知平野の言及

【高知[県]】より

…中・下流が徳島県域に含まれる吉野川を除くと,四万十(しまんと)川,仁淀(によど)川,物部(ものべ)川,奈半利(なはり)川など多くの河川の全部または大部分の流域が県内の四国山地に含まれ,曲流峡谷を形成して豊かな水量を土佐湾に注いでいる。しかし低地は少なく,物部川,国分川,鏡川,仁淀川の各下流低地の総称である高知平野(最も広義)以外は,松田川下流に宿毛,四万十川下流に中村,新荘川下流に須崎,安芸(あき)川下流に安芸などの低地があるにすぎず,このような狭い低地に,古来漁・農村が集中して発達してきた。 海岸線は大部分が単調で,沈水性の屈曲に富む海岸は中央部の浦戸湾,浦ノ内湾,須崎湾,南西部の宿毛湾,東部の東洋町甲浦港などに限られ,これら湾内には古くから阪神や九州方面との交易・連絡港が立地した。…

※「高知平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高知平野の関連キーワード浦戸湾桂浜三郡山地三嶺高知土佐高知港高知[市]高知県高知市浦戸吉川〈村〉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高知平野の関連情報