コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香南 こうなん

4件 の用語解説(香南の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香南
こうなん

香川県中部,高松市西部の旧町域。高松平野の南西部にある。 1956年池西村と由佐村が合体して町制。 2006年高松市に編入。北東部は香東川の沖積地,西部は洪積台地で,ため池を利用して米,ムギ,野菜,カキ (柿) などを栽培し,畜産も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうなん〔カウナン〕【香南】

高知県東部にある市。温暖な気候を利用した野菜栽培や白子(しらす)などの漁業が盛ん。平成18年(2006)3月に赤岡町・香我美(かがみ)町・野市町・夜須町・吉川村が合併して成立。人口3.4万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうなん【香南】

高知県中東部、土佐湾に臨む市。野菜・花卉かきの施設園芸が盛ん。ミカンを特産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香南
こうなん

香川県中部、香川郡にあった旧町名(香南町(ちょう))。現在は高松(たかまつ)市の西部を占める一地区。1956年(昭和31)池西、由佐の2村が合併して成立。2006年(平成18)高松市に編入。香東(こうとう)川中流部の丘陵状の台地と低地からなる。高松市中心部に近く、都市近郊農業が中心。水稲、麦、タバコ、イチゴ栽培のほか、カキの大規模パイロットファームがある。また、牛乳は県下有数の産地。南部の丘陵地に1989年(平成1)開港の高松空港がある。中世の由佐城跡、天福寺、冠纓(かんえい)神社、井原神社、城所山(じょうしょざん)古墳など文化財は多い。[新見 治]
『『香南町史』(1970・香南町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香南の関連キーワード香川県高松市朝日町香川県高松市庵治町香川県高松市紺屋町香川県高松市西宝町香川県高松市高松町香川県高松市西植田町香川県高松市西内町香川県高松市西春日町香川県高松市西ハゼ町香川県高松市西町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香南の関連情報