コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤岡 あかおか

2件 の用語解説(赤岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤岡
あかおか

高知県東部,香南市南部の旧町域。香長平野の東端にあたる。 1899年町制施行。 2006年香我美町,野市町,夜須町,吉川村と合体して香南市となる。土佐湾に面した南部の砂丘上を土佐浜街道 (→土佐街道 ) が通り,古くから中心集落が発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤岡
あかおか

高知県中部、香美(かみ)郡にあった旧町名(赤岡町(ちょう))。現在は香南(こうなん)市の西南部を占める地域。高知平野の東端にあり、土佐湾に面した砂堆(さたい)に立地した街村。旧赤岡町は、1899年(明治32)町制施行。面積1.64平方キロメートルは高知県下で最小の町であったが、2006年(平成18)香我美(かがみ)、野市(のいち)、夜須(やす)の3町および吉川(よしかわ)村と合併して市制施行、香南市となった。戦国時代末期には、すでに漁村のみならず市町を発達させ、古くから物部(ものべ)川上流の山村部をも後背地とする商業中心地であり、明治・大正期には郡役所、簡易裁判所、税務署などが置かれ、郡の中心でもあった。土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線が通じ、室戸(むろと)岬へは国道55号(土佐街道)が通じる。かつてのイワシ地引網を主とする漁業は衰退したが、シラス漁業などがあり、「ドロメ(生チリメンジャコ)祭」も行われる。7月の須留田(するた)神社の大祭は、絵金(えきん)(幕末から明治の町絵師)の屏風(びょうぶ)絵を商家の軒先に展示することで有名。[大脇保彦]
『『赤岡町史』(1980・赤岡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤岡の関連キーワード香長平野高知県香南市赤岡町香我美〈町〉高知県香南市香我美町高知県香南市香我美町岸本高知県香南市香我美町徳王子高知県香南市野市町大谷高知県香南市野市町土居高知県香南市夜須町千切高知県香南市夜須町手結山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤岡の関連情報