コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場一梯 ばば いってい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場一梯 ばば-いってい

1657-1727 江戸時代前期-中期の書家。
明暦3年生まれ。土佐高知藩士。貞享(じょうきょう)2年(1685)浪人となり,京都で浅見絅斎(けいさい)に儒学を,持明院(じみょういん)基時に持明院流の書をまなぶ。のち藩にかえり,正徳(しょうとく)元年(1711)書道教育の功労で留守居組にえらばれた。享保(きょうほう)12年8月死去。71歳。名は氏信。通称は源右衛門。別号に雲山。著作に「居業偶筆」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

馬場一梯の関連キーワード火消エカチェリーナジョージ布屋次兵衛ブーランビリエエカテリーナジョージジョージ2世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)ポンシャルトラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android