コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬祖島 ばそとう

3件 の用語解説(馬祖島の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

馬祖島【ばそとう】

台湾の島。中国,福建省【びん】江の河口外,中国本土から24kmの東方にある。北竿塘など7島と馬祖列島を形成。漁業を主とする。台湾が金門島とともに保持している島で,国民党政府が,台湾海峡を扼(やく)し,台湾防衛の第一線海軍基地として全島要塞化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばそとう【馬祖島 Mǎ zǔ dǎo】

中国,福建省東部,閩江(びんこう)の河口外約8kmにある小群島で,総面積は23km2。中国本土を追われた国民党政府が全島を要塞化し,多数の軍隊を駐屯させて,福建省厦門(アモイ)の南にある金門島とともに本土反攻の最前線とした。本土に対して絶えず砲撃と反共宣伝活動を続けてきたが,中国と台湾の経済支流が活発になったため,近年は砲撃を中止している。【林 和生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬祖島
ばそとう / マーツータオ

中国南東部、福建省の省都福州の東海上にある島。馬祖海峡を隔てて北竿塘(ほくかんとう)島があり、別称を南竿塘島という。面積23平方キロメートル、馬祖列島のなかで最大の島である。馬祖列島は福建省連江(れんこう)県に属すが、馬祖島は、大陸を追われた国民党政府軍が全島を要塞(ようさい)化し、本土反攻の基地としており、現在も台湾政府の勢力下にある。付近はシログチ、サンマなどの好漁場である。[青木千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬祖島の関連キーワード陳賢黄檗山韓江閩江福建省河口福建林紓林森

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬祖島の関連情報