台湾海峡(読み)タイワンカイキョウ

百科事典マイペディアの解説

台湾海峡【たいわんかいきょう】

中国大陸と台湾との間の海峡。長さ約300km,幅約150km。深度は50〜100m。潮汐の干満差が大きく,大陸沿岸では4mを越える。海峡中央に澎湖(ほうこ)島があり,これと台湾との間の海を澎湖水道と呼ぶ。海峡東部は黒潮の分流が北流する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいわんかいきょう【台湾海峡 Tái wān hǎi xiá】

中国本土の福建省と台湾島との間にある海峡で,北東から南西への長さ約300km,幅約150km,最も狭い所は135km。澎湖列島が海峡南東部にあり,列島と台湾島との間の澎湖水道の水深が100~200mで,海峡で最も深い部分である。ほかは水深50~100mと浅く,また寒流と暖流とがぶつかるので好漁場となっている。東シナ海南シナ海とを結ぶ沿岸交通上の要衝にあたっている。【林 和生

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいわんかいきょう【台湾海峡】

中国大陸と台湾との間にある海峡。東シナ海と南シナ海を結ぶ。幅約200キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台湾海峡
たいわんかいきょう / タイワンハイシヤ

シナ海の一部で、中国南東部の福建省と台湾島の間の海峡。南北の長さは約380キロメートル、東西の幅はもっとも狭い所はわずか130キロメートルで、北端では約150~160キロメートル、南端は250~260キロメートルである。水深は大部分が100メートル以内だが、南端に近い澎湖(ほうこ)列島と台湾島の間の澎湖水道は100~200メートルと深い。古くから大陸沿岸の南北交通の航路として利用され、日本の朱印船もここを航路としていた。福建省側には福州、泉州、厦門(アモイ)など古くから開けた港がある。現在も福州、厦門、台湾島の高雄(たかお/カオシュン)は商港として繁栄している。なお大陸側の金門島、馬祖(ばそ)島は国民党軍により占領され、要塞(ようさい)化された。この海域は魚種が豊富で好漁場であるうえ、建設用資材としての砂が豊富であり、海底油田も発見されている。[青木千枝子・河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいわん‐かいきょう ‥カイケフ【台湾海峡】

台湾島と中国の福建・広東両省との間にある海峡。南シナ海と東シナ海を結ぶ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台湾海峡の関連情報