コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬飼歌依 うまかいの うたより

1件 の用語解説(馬飼歌依の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬飼歌依 うまかいの-うたより

?-562 6世紀中ごろの豪族。
欽明(きんめい)天皇23年(562)6月,妻の逢讃岐(おうの-さぬき)のつかっている鞍(くら)が皇后のものであるとされて拷問(ごうもん)をうけ,「事実ならば天災がおこる」といいのこして死去。その直後に宮殿で火災がおき,息子ふたりが火中になげいれられそうになったが,母の願いでゆるされたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

馬飼歌依の関連キーワード調伊企儺青海夫人勾子磐隈皇女甘美媛葛城山田瑞子許勢稲持白猪胆津蘇我小姉君箭田珠勝大兄皇子倭手彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone