コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調伊企儺 つきのいきな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調伊企儺
つきのいきな

[生]?
[没]欽明23(562).7. 朝鮮
古代,新羅征討軍の武将。『日本書紀』によれば,欽明 23 (562) 年任那日本府再興のために,大将軍紀男麻呂らに率いられた新羅征討軍に従った。新羅軍の謀略にかかって妻大葉子 (おおばこ) とともに捕えられた。新羅の将が「日本の将わが尻をくらえ」と言わせようとしたが,「新羅王わが尻をくらえ」と叫び殺されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つき‐の‐いきな【調伊企儺】

[?~562]古代の武将。百済からの渡来人の子孫。欽明天皇の時、新羅(しらぎ)との戦いで捕らえられ、新羅王をののしって殺されたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

調伊企儺 つきの-いきな

?-562 6世紀中ごろの武人。
大葉子(おおばこ)の夫。欽明(きんめい)天皇23年紀男麻呂(きの-おまろ)の軍にしたがい新羅(しらぎ)(朝鮮)を攻めたが,敗れて捕らえられる。降伏をすすめられるが,反抗して殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つきのいきな【調伊企儺】

?~562) 新羅征討の将軍。百済からの渡来人の子孫。日本書紀によれば、欽明天皇の時、副将として新羅征討に行き、捕らえられ殺されたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調伊企儺
つきのいきな
(?―562)

6世紀中葉の武将。姓(かばね)は吉士(きし)で調吉士(きし)伊企儺と称す。562年(欽明天皇23)の新羅(しらぎ)侵攻に従軍。『日本書紀』によると、性格勇猛な伊企儺は新羅の降服勧告に服せず、とらわれの身となり、褌(はかま)を脱がされて辱めを受けるが、屈することなく逆に新羅王を侮蔑(ぶべつ)したことばを叫び続け、そのために拷問されてついに殺された。その子舅子(おじこ)も父の遺体を抱きかかえて死んだという。この説話は後世の述作とみられる。[菊地照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

調伊企儺の関連キーワード武人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android