コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑府 しょうふ Xiao-fu

3件 の用語解説(笑府の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笑府
しょうふ
Xiao-fu

中国,明末の口語笑話集。墨かん斎 (ぼくかんさい) 主人の筆名による馮夢龍 (ふうむりょう) の編。唐以来の笑話の集大成で,中国では早く失われたが日本の国立公文書館に存する本には 708話を収め,また江戸時代には3種の抄訳が出版され,江戸小咄にも影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうふ【笑府】

中国、明の馮夢竜ふうむりゆう・ふうぼうりよう編。笑話集。二巻。やさしい翻訳で日本にも紹介され、江戸小咄の成立に影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笑府
しょうふ

中国明(みん)末に、唐以来の笑話を集大成した書。13巻。墨(ぼくかんさい)主人撰(せん)。墨斎とは明末の俗文学界の大御所馮夢龍(ふうぼうりゅう)(1574―1645)の書斎の名。内容は、富貴・貧賤(ひんせん)に関するもの、儒者や医者・易者・僧侶(そうりょ)・職人などに関するもの、性癖・結婚などに関するものなどのほか13部に分け、短い文章に笑いと風刺を込めて人情世態の機微をうがった滑稽(こっけい)文学である。原本は、本国では早くから散逸してしまったが、日本では1768年(明和5)の京都文台屋多兵衛・円屋清兵衛板の『笑府』、江戸須原屋半兵衛板の『笑府』、翌69年の板元不詳の『刪(さん)笑府』の3種の抄訳が刊行されて、江戸小咄(こばなし)に大きな影響を与えた。[駒田信二]
『松枝茂夫訳『笑府』上下(岩波文庫) ▽駒田信二著『江戸小咄』(1985・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笑府の関連キーワード今古奇観京本通俗小説口語歌口語詩口語法羅牧口語形口語訳壺口死の笑話集

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone