コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外史 ガイシ

3件 の用語解説(外史の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がい‐し〔グワイ‐〕【外史】

朝廷の命などによらずに個人・民間の資格で書いた歴史書。野史。→正史
民間の歴史家。
文人などの雅号に添える称号。
外記(げき)唐名
中国代の官名の一。外国に出す文書を取り扱った職。
げし(外史)

げ‐し【外史】

禅宗で、書記のこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がいし【外史】

国家や政府が正式に記したものではなく、民間で書かれた歴史書。野史。 ↔ 正史
律令制で、外記げきの唐名。
中国周代の官名。外交文書を扱った。
文学者などの雅号に添える語。「山陽外史(=頼山陽)」など。
頼山陽の著である「日本外史」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外史の関連情報