駘蕩(読み)タイトウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐とう〔‐タウ〕【××蕩】

[ト・タル][文][形動タリ]
さえぎるものなどがなく、のびのびとしているさま。
「復讐の挙を全然忘却した―たる瞬間を」〈芥川・或日の大石内蔵助
春の情景などが、平穏でのんびりとしているさま。「駘蕩たる春光」「春風駘蕩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいとう【駘蕩】

( トタル ) [文] 形動タリ 
大きくのびのびとしているさま。 「 -として流れる大河」
おだやかなさま。のどかなさま。 「春風-」 「 -たる春光に心を馳せて/良人の自白 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐とう ‥タウ【駘蕩】

〘形動タリ〙
① 春の情景ののどかなさま。春のけしきののんびりしたさま。《季・春》
※水流雲在楼集(1854)下・泊小木港「誰知地角天涯感、独在煙波駘蕩春
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「駘たる春光に心を馳せて」
② 大きくのびのびとしているさま。
※或日の大石内蔵助(1917)〈芥川龍之介〉「その放埒の生活の中に、復讐の挙を全然忘却した駘蕩たる瞬間を、味った事であらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android