春風駘蕩(読み)シュンプウタイトウ

  • しゅんぷうたいとう ‥タイタウ
  • しゅんぷうたいとう〔タイタウ〕
  • 春風×駘×蕩

デジタル大辞泉の解説

[ト・タル][文][形動タリ]
春風がのどかに吹くさま。「春風駘蕩たる穏やかな日和」
物事に動じないで余裕のあるさま。ゆったりとのんびりしているさま。「春風駘蕩たる大人(たいじん)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動タリ〙 春の風ののどかに吹くさま。また、人の態度や性格、その場の雰囲気などがのんびりとして温和なさまのたとえ。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二三「陽艷三月、春風駘蕩(シュンプウタイタウ)の調に移ったのに」
※家族会議(1935)〈横光利一〉「春風駘蕩としてゐて起居動作が日常と少しも変ってゐなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

春の風ののどかに吹くさま。また、人の態度や性格、その場の雰囲気などがのんびりとして温和なさまのたとえ。

[活用] ―たる・―として。

[使用例] 春風駘蕩、桜花まさに開かんとす。夜銀座におもむく。散策の人織るがごとし[永井荷風*断腸亭日乗|1927]

[使用例] 容貌もごつく、学生を馬鹿呼ばわりして口が悪かったが、からだ全体に春風駘蕩たる風格を漂わせ、どこに居てもすぐ目につくような人であった[島尾敏雄*湾内の入江で|1982]

[使用例] こうしてみると、ホワースの牧師館の人々は、故国アイルランドの窮乏とはまるきり関係なく、春風駘蕩たる空気のなかにあったように見える[松本清張*過ぎゆく日暦|1990]

[解説] 「春風駘蕩たる○○」の形でよく使います。例文の[湾内の入江で]が典型的です。ここでは、海軍予備学生の指導官である少佐の様子を「春風駘蕩たる(=温和な)風格」と表現しています。
 「春風」というなじみ深い文字に、「駘蕩」という難しい文字が続く成語です。辞書では「駘蕩」は「のどかな様子」「穏やかな様子」と説明しますが、どうしてそうなるのでしょう。
 実は、漢字の意味はあまり考えなくてかまいません。「駘蕩」は、のどかさ、穏やかさを表すオノマトペ(擬態語)で、漢字は音を表しているだけです。
 「駘」も「蕩」も、最初の子音が同じ(現代中国語ではd音)で、頭韻を踏んでいます。こういう熟語は、そうせいと言って、よくオノマトペとして使われます。
 もっとも、漢字の意味がまったく無関係とまでは言えません。「駘」はのろい馬の意味、「蕩」はゆらゆら広がる意味などでも使われます。春風ののどかな様子と通じる部分もあります。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android