駿河トラフ(読み)スルガトラフ

大辞林 第三版の解説

するがトラフ【駿河トラフ】

駿河湾の中央部をほぼ南北に延びる細長い窪地くぼち。フォッサ-マグナの南に位置し、またフィリピン海プレートの潜り込み帯にあたるので、このトラフに沿って巨大地震(いわゆる東海地震)の可能性がきわめて高いと考えられている。駿河舟状海盆。 → 南海トラフ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駿河トラフ
するがとらふ
Suruga trough

駿河湾の奥から沖合いにかけての海底に、南北に横たわる海溝状の凹地。南部は北緯34度付近で向きを変え、南海トラフと連続している。北部は伊豆半島の付け根の部分を経て、相模(さがみ)トラフとつながっていると考えられる。駿河トラフは、相模トラフや南海トラフとともに、フィリピン海プレートと日本列島をのせたユーラシアプレートとの境界にあたり、将来、大規模な地震(いわゆる東海地震)の発生する可能性が高い地域とされている。このため、静岡県を中心とする地域は、大規模地震対策特別措置法の定める「防災対策強化地域」に指定されている。[勝又 護]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

するが‐トラフ【駿河トラフ】

(トラフはtrough) 駿河湾の中央部、ほぼ南北にのびる海溝状の凹地。フィリピン海プレートが日本列島をのせたユーラシアプレートに潜り込んでいる地帯にあたり、南部は南海トラフに続く。大地震の発生する可能性の高い地域とされている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の駿河トラフの言及

【駿河湾】より

…駿河湾の中央には富士川河口部から南北方向に細長い溝状の凹部がのび,湾口部では約2500mの深さとなる。駿河トラフとも呼ばれるこの溝は,陸上のフォッサマグナの延長にあたり,南海舟状海盆(西南日本海溝)につづく。これはプレートの境界にあたる変動帯であるといわれ,東海沖の地震の震源として注目されている。…

【トラフ】より

…形態で定義されており,規模,成因はさまざまである。プレート沈み込み帯であるが,地形的にはトラフとされているもの(南海トラフ,駿河トラフ,相模トラフ),海溝が埋められて浅くなっているもの(ヒクランギ・トラフHikurangi trough),島弧背後にあって現在拡大しつつある縁海(マリアナ・トラフ,沖縄トラフ),大陸境界地内にある細長い海盆(最上トラフ)などがある。フィリピンプレート北縁部の沈み込み帯にあたる南海,駿河,相模の諸トラフは,東海地震予知に関連して有名である。…

※「駿河トラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駿河トラフの関連情報