騎虎の勢い(読み)きこのいきおい

故事成語を知る辞典「騎虎の勢い」の解説

騎虎の勢い

ものごとの勢いが盛んになって、あとへ引けなくなること。

[使用例] 騎虎の勢いで三崎窓際の高木局長の方に寄っていった[高橋和巳*白く塗りたる|1970]

[由来] 「太平御覧」という書物に引用されている、「しんちゅうこうしょ」という文献に出て来る話から。四世紀、とうしん王朝で反乱が起こったときのこと。反乱軍の盟主として担ぎ出されたとうかんという将軍は、自分の根拠地へと引き返そうかと考えていました。すると、部下の一人が「今の情勢では、引き返すなんて許されません。『騎の勢い(虎にまたがって走り出したような勢い)』ですから、降りることなんてできないのです」と言って、思いとどまらせたということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「騎虎の勢い」の解説

きこ【騎虎】 の 勢(いきお)

(「隋書‐独孤皇后紀」から) 虎に乗ったが、途中でおりることができないように、物事の勢いがさかんになって、行きがかり上、中止したり、あとへ引けなくなったりすることのたとえにいう。
※太平策(1719‐22)「世界はかたづりになりて、騎虎の勢になるゆへ、仕とげずして叶はぬなり」
※白く塗りたる墓(1970)〈高橋和巳〉九「騎虎の勢いで三崎は窓際の高木局長の方に寄っていった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「騎虎の勢い」の解説

騎虎(きこ)の勢い

《「隋書」独孤皇后伝から》虎に乗った者は途中で降りると虎に食われてしまうので降りられないように、やりかけた物事を、行きがかり上途中でやめることができなくなることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android