コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

驚愕反応 きょうがくはんのう

2件 の用語解説(驚愕反応の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きょうがくはんのう【驚愕反応】

突発的に起きた火事や知人の死などの事故により、顔面蒼白・冷汗・動悸・不眠・うろたえ・脱力感など、身体的・精神的反応を生じること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうがくはんのう【驚愕反応 Schreckreaktion[ドイツ]】

突発的に起こった事象を原因として生じた身体‐精神的な反応で,原始反応の一つでもある。地震,洪水,火事,交通事故,知人の死など,予期せず急に起こったものが原因となる。身体症状として,顔面蒼白,冷汗,動悸,息切れ,体の震え,脱力,大便・尿の失禁,不眠,食欲消失さらには身体運動の停止(昆虫などの擬死に似る)などがみられる。精神症状として,うろたえ,興奮(捕らえられた鳥などの運動乱発に似る),逆に精神運動の停止,無感動,無欲的となり茫然とした状態がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone