心因反応(読み)シンインハンノウ

デジタル大辞泉の解説

しんいん‐はんのう〔‐ハンオウ〕【心因反応】

心因によって起こる病的状態。ヒステリー反応・驚愕(きょうがく)反応など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

心因反応【しんいんはんのう】

神経症の一型。最近の精神的体験が原因で生じた異常な心的反応。戦場の恐怖による驚愕(きょうがく)反応や,親しい者の死亡した悲しみ等による抑鬱(よくうつ)反応などがある。その体験による恐怖や悲しみ等の感情が薄らぐとともに人格変化や後遺症状を残さず,症状は消失する。
→関連項目持続睡眠療法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんいんはんのう【心因反応 psychogenic reaction】

心理的な原因,多くは欲求不満や葛藤にもとづいた精神的な障害をさす精神医学用語。ドイツの精神科医ゾンマーR.Sommerが1889年に〈心因症Psychogenie〉という名称を用いたのが,この概念の端緒とされる。心因反応という用語はやや多義的な概念で,神経症をこれに含めないのが現在の一般の見解であるが,神経症ことにヒステリーを含める人もある。具体的には,いわゆる原始反応(衝動的,爆発性の短絡反応,驚愕反応,昏迷,朦朧(もうろう)状態など)のごとき強烈な体験刺激に直接ひきつづいて生じる低次元のもの(それゆえにヒステリー的な反応が含まれることがある)から,体験刺激に際して複雑な心理的加工が行われて症状が形づくられる種々の妄想的反応など(敏感関係妄想,好訴妄想,色情妄想,難聴者の迫害妄想,受刑者の赦免妄想,感応精神病など)を含んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんいんはんのう【心因反応】

心因によって起こる精神障害。神経症と反応性精神病があり、特に後者をさす。後者には、統合失調反応・鬱うつ反応などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心因反応の関連情報