驚風(読み)キョウフウ

大辞林 第三版の解説

きょうふう【驚風】

漢方医学で、小児病の病名。脳膜炎。 「五疳ごかん・-貪惜とんじやくなし/滑稽本・浮世風呂 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ふ キャウ‥【驚風】

〘名〙 (「きょうふう(驚風)」の変化した語) =きょうふう(驚風)
※談義本・当風辻談義(1753)五「品川沖の波に響、〈略〉八才の龍女も驚風(キャウフ)が出たげな」

きょう‐ふう キャウ‥【驚風】

〘名〙
① にわかに吹く風。荒い風。
※本朝文粋(1060頃)三・神仙〈春澄善縄〉「驚風振葉、香分紫桂之林」 〔司馬相如‐上林賦〕
漢方医学で、幼児のひきつけを起こす病気をいう。脳膜炎の類。驚癇(きょうかん)。きょうふ。
※わらんべ草(1660)四「ぢこをあまやかして、うまき物を、あくまでくはすれば、むしけをやみ、かん、きゃうふうの病となる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android