コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高カルシウム血症 こうカルシウムけっしょうhypercalcemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高カルシウム血症
こうカルシウムけっしょう
hypercalcemia

血液中にカルシウムが過量に含まれる状態。上皮小体 (副甲状腺) の機能亢進症,腫瘍の骨転移,腫瘍 (卵巣,腎臓,肺の) からの上皮小体ホルモン様物質の生成,サルコイドーシス,多発性骨髄腫,悪性リンパ腫などが原因となる。症状は,筋力の低下,多尿,脱水,口渇,食欲不振,嘔吐,便秘などが多い。重症では,昏迷,昏睡,尿毒症を起すこともある。原因疾患の治療を行うほかに,ナトリウムと利尿剤を与えて,血清中のカルシウム濃度を下げる。腫瘍やサルコイドーシスによる場合は,副腎皮質ホルモンが有効である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高カルシウム血症の関連キーワードくる病(子どもの骨軟化症)ジヒドロタキステロール胃潰瘍・十二指腸潰瘍カルシウムと代謝異常先天性大動脈狭窄症白血病ウイルスビタミン過剰症ドライマウスカルシトニンホルモン剤ビタミン剤宇宙旅行病骨粗鬆症骨軟化症ビタミンくる病

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高カルシウム血症の関連情報