コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副甲状腺機能亢進症 フクコウジョウセンキノウコウシンショウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副甲状腺機能亢進症
ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう

副甲状腺ホルモンが多すぎるためにおこる疾患。多くは副甲状腺(上皮小体)に腫瘍(しゅよう)ができ、そこからホルモンが多量に分泌されるためにおこる。また、尿毒症など慢性腎(じん)疾患の場合に腸からのカルシウムの吸収低下がおこり、その結果、副甲状腺からホルモンが多量に分泌されることもあるが、その場合は続発性副甲状腺機能亢進症とよぶ。症状は、副甲状腺ホルモンによるカルシウム代謝異常が全身に現れる。症状は多様で、その程度もまちまちであり、昏睡(こんすい)に陥る例もあれば、なんら自覚症状がなく偶然検診で発見されるものまである。おもに脱力感、多飲と多尿、食欲不振、体重減少、関節痛や骨折などの骨症状、尿路結石のほか、ときに消化性潰瘍(かいよう)、性格変化などの精神症状もみられる。治療は早期診断により副甲状腺の腫瘍を外科的に摘出することであり、進行すると腎機能が低下し、ついには尿毒症になって死亡する。[高野加寿恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

副甲状腺機能亢進症の関連キーワード副甲状腺がん(上皮小体がん)原発性副甲状腺機能亢進症腎臓のしくみとはたらきカルシウムと代謝異常胃酸過多症ビタミン剤人工透析病的骨折尿路結石骨粗鬆症膵石症上皮

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android