高倉家(読み)たかくらけ

世界大百科事典 第2版の解説

たかくらけ【高倉家】

(1)藤原氏北家の流れ。閑院左大臣冬嗣の男,権中納言長良(802‐856)の後裔。南北朝期の参議永季(1338‐92)を始祖とする。家格は半家,旧家権大納言を極官とする。始祖永季が有職故実に通暁し,以後代々有職故実を家業とし,ことに装束の家として衣紋調進をつかさどり,山科家とへきをなす。政治史的には,江戸時代後期に宝暦事件に連座して落飾した永秀(1728‐99),また明治維新に当たって,北陸道鎮撫総督兼会津征討総督となり,会津で戦死した永祐(1838‐68)が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高倉家
たかくらけ

藤原氏北家(ほっけ)の一流。冬嗣(ふゆつぐ)の長男長良(ながら)の子孫であるが、平安・鎌倉時代は公卿(くぎょう)に昇進する者は少なかった。しかし南北朝時代の永季(ながすえ)が参議となって以来、子孫も代々公卿に任ぜられるようになり、永季の曽孫(そうそん)永豊(ながとよ)が権中納言(ごんちゅうなごん)に、6世の孫永家(ながいえ)が権大納言に任ぜられてからは、権大納言を極官(ごっかん)とする家格が定まった。家名は、邸宅が京都高倉にあったことによる。代々朝廷の装束に携わり、それを扱う衣紋道(えもんどう)を家職とした。江戸時代の家領は812石。明治維新後は華族に列し、子爵を授けられた。[飯倉晴武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android