コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高倉家 たかくらけ

世界大百科事典 第2版の解説

たかくらけ【高倉家】

(1)藤原氏北家の流れ。閑院左大臣冬嗣の男,権中納言長良(802‐856)の後裔。南北朝期の参議永季(1338‐92)を始祖とする。家格は半家,旧家。権大納言を極官とする。始祖永季が有職故実に通暁し,以後代々有職故実を家業とし,ことに装束の家として衣紋調進をつかさどり,山科家と双へきをなす。政治史的には,江戸時代後期に宝暦事件に連座して落飾した永秀(1728‐99),また明治維新に当たって,北陸道鎮撫総督兼会津征討総督となり,会津で戦死した永祐(1838‐68)が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高倉家
たかくらけ

藤原氏北家(ほっけ)の一流。冬嗣(ふゆつぐ)の長男長良(ながら)の子孫であるが、平安・鎌倉時代は公卿(くぎょう)に昇進する者は少なかった。しかし南北朝時代の永季(ながすえ)が参議となって以来、子孫も代々公卿に任ぜられるようになり、永季の曽孫(そうそん)永豊(ながとよ)が権中納言(ごんちゅうなごん)に、6世の孫永家(ながいえ)が権大納言に任ぜられてからは、権大納言を極官(ごっかん)とする家格が定まった。家名は、邸宅が京都高倉にあったことによる。代々朝廷の装束に携わり、それを扱う衣紋道(えもんどう)を家職とした。江戸時代の家領は812石。明治維新後は華族に列し、子爵を授けられた。[飯倉晴武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高倉家の関連キーワード熊谷直彦(1)後花園院御消息渡辺重名伏原賢忠山科言継家元制度高倉永家山科流高倉流衣紋家裁縫

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android