コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高千穂教有 たかちほ きょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高千穂教有 たかちほ-きょうゆう

1824-1872 江戸後期-明治時代の修験者,神職。
文政7年生まれ。鷹司政通(まさみち)の猶子。英彦山(ひこさん)座主(ざす)。文久3年攘夷(じょうい)を祈願,長門(ながと)(山口県)萩藩奇兵隊に協力して豊前(ぶぜん)小倉城(福岡県)の襲撃を計画して捕らえられる。明治元年高千穂姓をあたえられ,2年英彦山神社宮司となった。明治5年8月11日死去。49歳。豊前田川郡(福岡県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高千穂教有の関連キーワード佐久間勝信宇都宮尭珉生島大炊高根正也明治時代修験者