高品位テレビジョン(読み)こうひんいテレビジョン

百科事典マイペディアの解説

高品位テレビジョン【こうひんいテレビジョン】

高品位テレビジョンは,HDTVや高精細テレビジョンともいわれ,画面上下方向の解像度を決めている走査線数が1125本で現行テレビジョン放送(525本)の約2倍であり,画面のアスペクト比(横縦比)も16対9と現行テレビジョン放送(4対3)より横長である。この高品質の信号は情報量が多いので,伝送するには,何らかの画像圧縮技術を必要とする。日本では,ハイビジョン放送と呼ばれるMUSE(multiple sub-nyquist sampling encordingの略)方式のアナログ画像圧縮技術を用いて実現し,放送衛星を使って実験放送後,1997年からは1日17時間の放送が開始された。その後2000年12月からはBSデジタル放送,2003年12月からは地上デジタル放送が開始された。MUSEによる方式は2007年9月末に終了した。
→関連項目HDTVMPEGカラーテレビジョンテレビジョンニュー・メディア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android