コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高城七之丞 たき しちのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高城七之丞 たき-しちのじょう

1847-1877 幕末-明治時代の武士,士族。
弘化(こうか)4年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。鹿児島に退隠した西郷隆盛らの動向を内偵していた政府の密偵を捕らえ,西南戦争発端をつくる。西郷軍三番大隊三番小隊長として熊本城攻めに参加。明治10年9月24日城山で戦死。31歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高城七之丞の関連キーワード明治時代幕末武士士族弘化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android