コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高大接続教育

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高大接続教育

高校と大学接点を増やし、双方の学生の学習意欲向上を図る取り組み。高校生対象の公開講座や大学教員の出前講義など形はさまざまだ。文部科学省によると、高校生対象の公開講座を催している大学は2009年現在で国立47校、公立21校、私立126校。県内では大分大のほか、立命館アジア太平洋大が高大連携に取り組んでいる。大学教育へのスムーズな移行を求める1999年の中央教育審議会の答申以降、全国的に拡大した。背景には少子化時代を受けた大学側の学生確保の狙いもある。

(2014-04-01 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高大接続教育
こうだいせつぞくきょういく

高等学校教育と大学教育を一体としてとらえた教育のあり方。中央教育審議会は2014年(平成26)12月、「新しい時代にふさわしい高大接続の実現のためには、高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革が必要である」と答申した。文部科学省は2015年1月に高大接続改革実行プランを公表、同年2月に高大接続システム改革会議を発足させた。文科省によれば、改革の必要性について、明治以来の近代教育が支えてきた社会とは異なり、先を見通すことのむずかしい社会において子供たちひとりひとりを成長させるカリキュラムと、それを評価する選抜制度、多様な能力をはぐくみ、社会へと送り出す大学教育の三つを、一貫したシステムとすることが必要であるとする。
 高大接続改革実行プランで、重点の三つの改革ポイントは以下のとおりである。(1)高等学校教育 次期学習指導要領の抜本的な見直し、アクティブ・ラーニングの充実。また、学力の新たな評価の仕組みとして、2019年度から「高等学校基礎学力テスト(仮称)」の導入を目ざし、高校教育の質の確保とともに、学習評価のあり方や指導要録の改訂を進める。(2)大学入学者選抜 各大学ではディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)を一体的に策定し、それらの方針に従って、入学者の個別選抜では、多面的な選抜方式を導入する。また、各大学の入学者選抜に資する、知識・技能を基盤として思考力・判断力・表現力を中心に評価する「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」を2020年度に導入する。(3)大学教育改革 上記のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーに沿って、カリキュラム・マネジメントを確立する。受け身の教育から能動的学修(アクティブ・ラーニング)への転換を図る。
 今後は、以上の改革ポイントを柱とし、2016年度次期学習指導要領答申および指導要録の改訂を予定している。また、2021年度までに高等学校の新教科書を作成し、2022年度より年次進行によって段階的に改革プランを実施する予定である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高大接続教育の関連キーワード指導要録

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android