コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高宮布 タカミヤヌノ

デジタル大辞泉の解説

たかみや‐ぬの【高宮布】

彦根市高宮で産する麻織物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高宮布
たかみやぬの

滋賀県彦根(ひこね)市高宮町付近で産する麻織物。この地方は、奈良晒(ならざらし)の影響を受けて、享保(きょうほう)年間(1716~36)ごろから、農家の副業として始められ、幕末までには、彦根藩の統制のもとに、着尺地、蚊帳(かや)地を生産した。明治以後は、近代的産業へと転換し、現在では、伝統的織物として生産されるものは非常に少ない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高宮布の言及

【高宮】より

…宿場の中央部に高さ11mの多賀大社の大鳥居が建っている。高宮はまた高宮布の生産・集散地として栄えた。中世以来の伝統をもつ麻布で,江戸時代彦根藩の保護・統制のもとに発展し,高宮布を扱う問屋・小売・行商人が輩出した。…

※「高宮布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高宮布の関連キーワード高宮(滋賀県)近江麻布

高宮布の関連情報