高層気象台(読み)こうそうきしょうだい(英語表記)Aerological Observatory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高層気象台
こうそうきしょうだい
Aerological Observatory

高層気象の標準観測を主眼とする気象庁の付属機関。茨城県つくば市にある。1920年創立。1948年以来「国際高層共同観測日」の観測に参加協力し,1957年以来のオゾン層監視の実績をもつ。(→高層気象学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうそう‐きしょうだい〔カウソウキシヤウダイ〕【高層気象台】

高層気象の観測、観測機器の試験・改良などを担当する、気象庁の付属機関。茨城県つくば市にある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高層気象台【こうそうきしょうだい】

気象庁に所属する地方機関。高層気象に関する精密な観測,調査ならびに高層気象に関する気象測器の試験および改良を担当する。茨城県つくば市にある。オゾン,放射の観測も行っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高層気象台の関連情報