コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高層気象台 こうそうきしょうだいAerological Observatory

4件 の用語解説(高層気象台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高層気象台
こうそうきしょうだい
Aerological Observatory

高層気象の標準観測を主眼とする気象庁付属機関茨城県つくば市にある。1920年創立。1948年以来「国際高層共同観測日」の観測に参加協力し,1957年以来のオゾン層監視の実績をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうそう‐きしょうだい〔カウソウキシヤウダイ〕【高層気象台】

高層気象の観測、観測機器の試験・改良などを担当する、気象庁の付属機関。茨城県つくば市にある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高層気象台【こうそうきしょうだい】

気象庁に所属する地方機関高層気象に関する精密な観測,調査ならびに高層気象に関する気象測器の試験および改良を担当する。茨城県つくば市にある。オゾン,放射の観測も行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高層気象台の関連情報