コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山国 こうざんこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高山国
こうざんこく

高山国」のページをご覧ください。

高山国
たかさご

日本側から呼んだ台湾 Formosa; T`aiwanの古名。日本では豊臣秀吉の頃「たかさぐん」「高砂国」などといい,ポルトガル人も Tacasagunと記しているが,西海岸の打狗山に由来するらしい。中国では,古くは流求,大冤などと呼んだ。 16世紀後半,倭寇は中国人海寇と手を組んで,中国沿岸を侵寇。当時秀吉は南方経営を志し使者を送り,朝貢を要求したが不成功に終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうざん‐こく〔カウザン‐〕【高山国】

近世に日本人の用いた、台湾呼称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうざんこく【高山国】

近世、日本での台湾の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高山国の言及

【高山族】より

… 第2次世界大戦後,中華民国政府では種々の面で日本色の除去につとめ,高砂族という称呼も〈高山族〉と改められ,これは大陸の中華人民共和国でも採用された。日本側では,たとえば豊臣時代に台湾を〈高山国〉と呼んでいたので,これは大して排日でもないが,高山族の高山が〈高い山〉を直接に意味するとしたら,これは問題であろう。あとでもふれるごとく,台湾東部平地のアミ,プユマ両族および蘭嶼(らんしよ)(紅頭嶼)の海岸諸部落に住むヤミ族は山地系でなく,1978年の統計によれば,これら3種族の人口は高山族総数の30%をやや超える。…

※「高山国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高山国の関連キーワード佐々木 安五郎佐々木安五郎原田喜右衛門原田孫七郎近世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android