コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田孫七郎 はらだまごしちろう

6件 の用語解説(原田孫七郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原田孫七郎
はらだまごしちろう

安土桃山時代の貿易商人。長崎の貿易商原田喜右衛門の手代。しばしばルソン (呂宋) に渡り,マニラにも居住,スペイン語に通じ,フィリピンの事情に精通していた。南海諸国の攻略を意図していた豊臣秀吉に南海の経略を建言。文禄1 (1592) 年入貢を促す秀吉の使節としてマニラに渡り,フィリピン側の使節である宣教師 J.コボスを伴って帰国,秀吉に謁見させ,その功により 500石を与えられた。翌年台湾にも親書をたずさえて渡航したが,不成功に終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はらだ‐まごしちろう〔‐まごシチラウ〕【原田孫七郎】

安土桃山時代の貿易商。長崎の貿易商、原田喜右衛門の手代としてルソンに往来し、豊臣秀吉にルソン攻略を勧めた。生没年未詳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田孫七郎 はらだ-まごしちろう

?-? 織豊時代の貿易商。
肥後(熊本県)の人。原田喜右衛門の手代で,呂宋(ルソン)(フィリピン)との貿易に従事。天正(てんしょう)20年(1592)豊臣秀吉の使者として喜右衛門のかわりに呂宋にわたり,答礼使を日本に派遣させた。翌年入貢をうながすため台湾にわたるが不成功におわった。別名に原田ガスパル

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

原田孫七郎

生年:生没年不詳
近世初頭の貿易家。原田喜右衛門の一族で部下。フィリピン貿易に従事し,マニラに居住して,スペイン語に通じていた。天正19(1591)年関白豊臣秀吉からフィリピン諸島に入貢を促す書状を携行した人物。孫七郎は身分の賤しい者ではあったが,秀吉の申し入れに従わなければ,軍船を派遣することをにおわせ,フィリピン長官ダスマリニャスは,孫七郎が一介の商人にすぎなかったが事を構えたくないと思い,これを丁重に取り扱い,文禄1(1592)年に返書を秀吉宛に持たせた。かつドミニコ会士フアン・コボらを答礼使として日本に派遣した。ほかに孫七郎についての詳細は伝わらない。<参考文献>村上直次郎編『異国往復書翰集』,村上直次郎『日本と比律賓』

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はらだまごしちろう【原田孫七郎】

桃山時代の呂宋(ルソン)(フィリピン)貿易商人。生没年不詳。原田ガスパルと称する。呂宋貿易商人原田喜右衛門の甥ともいわれるが,異説があって明確でない。外国人からは〈まったく抜け目のない頭の働く者〉と評される。1591年(天正19)豊臣秀吉の呂宋入貢の国書を携えて渡海。返使の来朝をはかって成功し,秀吉と会見させる。93年(文禄2)にも秀吉の命令で高山国(台湾)に入貢督促のため渡海したが,そのとき高山国は君主を欠いていたため,使命は完遂しえなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はらだまごしちろう【原田孫七郎】

安土桃山時代の貿易商。肥後の生まれ。長崎の貿易商原田喜右衛門の手代を務め、ルソン貿易に従事、豊臣秀吉にルソン経略を進言した。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone