コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山慈照 こうざん じしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高山慈照 こうざん-じしょう

1266-1344* 鎌倉-南北朝時代の僧。
文永3年生まれ。臨済(りんざい)宗。天台学,律をまなんだのち,無本覚心(むほん-かくしん)の法をつぐ。南浦紹明(なんぽ-じょうみん),高峰顕日(こうほう-けんにち)らにも師事。紀伊(きい)大慈寺(和歌山県)住持をへて,京都の万寿寺,建仁(けんにん)寺の住持となった。康永2=興国4年12月25日死去。78歳。俗姓は菅原。法名ははじめ心鏡。諡号(しごう)は広済禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高山慈照の関連キーワード内談方成良親王ナポリ王国バラク(八剌)生駒高原園太暦金史成良親王ベンネビス山マルティーニ