コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島鞆之助 たかしまとものすけ

3件 の用語解説(高島鞆之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高島鞆之助
たかしまとものすけ

[生]弘化1(1844).11.9. 鹿児島
[没]1916.1.11. 京都
陸軍軍人。明治維新後,侍従番長,教導団長をつとめ,西南戦争に別働第1旅団司令長官として出征。その後熊本鎮台,大阪鎮台各司令長官を歴任,1891年5月,松方正義内閣の陸相となった。その後第2次伊藤博文内閣の拓相,第2次松方内閣の拓相兼陸相となり薩閥の巨頭として活躍,93年予備役に入り枢密顧問官となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島鞆之助 たかしま-とものすけ

1844-1916 明治-大正時代の軍人,政治家。
天保(てんぽう)15年11月9日生まれ。戊辰(ぼしん)戦争,西南戦争に従軍。ドイツ,フランスで軍制を研究。第四師団長などをへて第1次松方内閣の陸相,台湾副総督,第2次松方内閣の拓務相兼陸相などを歴任した。中将。枢密顧問官。大正5年1月11日死去。73歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。名は昭光。号は革丙。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高島鞆之助

没年:大正5.1.11(1916)
生年:弘化1.11.9(1844.12.18)
明治大正期の陸軍軍人,政治家。薩摩(鹿児島)藩士高島嘉兵衛と貞子の4男。戊辰戦争に従軍したのち,明治7(1874)年大佐となり,西南戦争(1877)では少将,別働第1旅団長として八代で西郷軍の背後を衝いた。兵制調査のため1年間フランス,ドイツに出張。帰国後,熊本と大阪の鎮台司令官を務めた。15年西部監軍部長に就任,同年の壬午の変では漢城(ソウル)に出兵した。16年中将に進み,翌年子爵。その後第4師団長などを務め,24年第1次松方正義内閣の陸軍大臣となり,松方首相,樺山資紀海軍大臣と共に薩摩閥の一員として重きをなした。内閣総辞職ののち,28年まで枢密顧問官を務める。29年第2次伊藤博文内閣の末期に拓殖務大臣に起用されたが,薩摩閥,改進党と結んで倒閣を策した。第2次松方内閣に拓殖務相として留任,陸相を兼ね,30年陸相専任となったが,長州閥優勢の陸軍は掌握できなかった。31年陸相辞任と同時に中将のまま予備役,32年ふたたび枢密顧問官となり終身その職にあって,政界の惑星的存在となった。<参考文献>『近世名将言行録』1,桜井忠温編『類聚伝記大日本史』14巻

(戸部良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島鞆之助の関連キーワード大迫尚道河村正彦児島惣次郎鮫島重雄篠尾明済津野田是重仁田原重行畑英太郎町田経宇溝口直亮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高島鞆之助の関連情報