コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島鞆之助 たかしまとものすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高島鞆之助
たかしまとものすけ

[生]弘化1(1844).11.9. 鹿児島
[没]1916.1.11. 京都
陸軍軍人。明治維新後,侍従番長,教導団長をつとめ,西南戦争に別働第1旅団司令長官として出征。その後熊本鎮台,大阪鎮台各司令長官を歴任,1891年5月,松方正義内閣の陸相となった。その後第2次伊藤博文内閣の拓相,第2次松方内閣の拓相兼陸相となり薩巨頭として活躍,93年予備役に入り枢密顧問官となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島鞆之助 たかしま-とものすけ

1844-1916 明治-大正時代の軍人,政治家。
天保(てんぽう)15年11月9日生まれ。戊辰(ぼしん)戦争,西南戦争に従軍。ドイツ,フランスで軍制を研究。第四師団長などをへて第1次松方内閣の陸相,台湾副総督,第2次松方内閣の拓務相兼陸相などを歴任した。中将。枢密顧問官。大正5年1月11日死去。73歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。名は昭光。号は革丙。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高島鞆之助

没年:大正5.1.11(1916)
生年:弘化1.11.9(1844.12.18)
明治大正期の陸軍軍人,政治家。薩摩(鹿児島)藩士高島嘉兵衛と貞子の4男。戊辰戦争に従軍したのち,明治7(1874)年大佐となり,西南戦争(1877)では少将,別働第1旅団長として八代で西郷軍の背後を衝いた。兵制調査のため1年間フランス,ドイツに出張。帰国後,熊本と大阪の鎮台司令官を務めた。15年西部監軍部長に就任,同年の壬午の変では漢城(ソウル)に出兵した。16年中将に進み,翌年子爵。その後第4師団長などを務め,24年第1次松方正義内閣の陸軍大臣となり,松方首相,樺山資紀海軍大臣と共に薩摩閥の一員として重きをなした。内閣総辞職ののち,28年まで枢密顧問官を務める。29年第2次伊藤博文内閣の末期に拓殖務大臣に起用されたが,薩摩閥,改進党と結んで倒閣を策した。第2次松方内閣に拓殖務相として留任,陸相を兼ね,30年陸相専任となったが,長州閥優勢の陸軍は掌握できなかった。31年陸相辞任と同時に中将のまま予備役,32年ふたたび枢密顧問官となり終身その職にあって,政界の惑星的存在となった。<参考文献>『近世名将言行録』1,桜井忠温編『類聚伝記大日本史』14巻

(戸部良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

高島鞆之助の関連キーワード追手門学院大学やまと新聞大正時代天保

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android