コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師詮 こうの もろあきら

2件 の用語解説(高師詮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高師詮 こうの-もろあきら

?-1353 南北朝時代の武将。
高師直(もろなお)の子。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)のなか父が討たれたのち,一時身をかくす。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年南朝方についた山名時氏が山陰で挙兵すると,対抗する足利義詮(よしあきら)方についてたたかう。一時勢力をえたが,同年6月12日山名勢に敗れ自刃(じじん)したという。通称は武蔵将監。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高師詮

没年:文和2/正平8(1353)
生年:生年不詳
南北朝時代の武将。師直の子。武蔵将監。観応の擾乱以前の行動については,多くは伝えられていない。師直が殺害されたのち,一時隠遁していたが,文和1/正平7(1352)年,室町幕府方として,丹波・丹後の武士を結集して,南朝に対抗する。かなりの勢力を得て,丹後守護となった。だが翌年6月12日,山名勢力に敗れて,自害したと伝えられている。

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高師詮の関連キーワード高師冬粟飯原清胤上山高元高師秋高師夏土岐頼明二階堂政元船田経政三戸七郎和田正朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone