コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高師詮 こうの もろあきら

2件 の用語解説(高師詮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高師詮 こうの-もろあきら

?-1353 南北朝時代の武将。
高師直(もろなお)の子。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)のなか父が討たれたのち,一時身をかくす。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年南朝方についた山名時氏が山陰で挙兵すると,対抗する足利義詮(よしあきら)方についてたたかう。一時勢力をえたが,同年6月12日山名勢に敗れ自刃(じじん)したという。通称は武蔵将監。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高師詮

没年:文和2/正平8(1353)
生年:生年不詳
南北朝時代の武将。師直の子。武蔵将監。観応の擾乱以前の行動については,多くは伝えられていない。師直が殺害されたのち,一時隠遁していたが,文和1/正平7(1352)年,室町幕府方として,丹波・丹後の武士を結集して,南朝に対抗する。かなりの勢力を得て,丹後守護となった。だが翌年6月12日,山名勢力に敗れて,自害したと伝えられている。

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

高師詮の関連キーワード京極秀綱小説物語イルハン国普済寺デカメロンパルラー[家]ベルンルアンプラバン阿蘇惟時

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone