コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木習道 たかぎ しゅうどう

1件 の用語解説(高木習道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高木習道 たかぎ-しゅうどう

1844-1904 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)15年生まれ。天台宗。大坂四天王寺の宝戒の高弟。美濃(みの)(岐阜県)華厳寺の住持をへて,長野善光寺の大勧進正住持となり,京都善峰寺の住持をかねた。明治37年12月3日死去。61歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高木習道の関連キーワード曲芸解析変成作用熱雲東欧演劇井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone