コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋作衛 たかはし さくえ

2件 の用語解説(高橋作衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋作衛 たかはし-さくえ

1867-1920 明治-大正時代の法学者。
慶応3年10月10日生まれ。高橋白山の長男。海軍大学校教授。日清(にっしん)戦争に法律顧問として従軍。のち母校東京帝大の教授となる。桂太郎首相に対露強硬論を提出した七博士のひとり。大正9年9月12日死去。54歳。信濃(しなの)(長野県)出身。著作に「戦時国際公法」「平時国際法論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋作衛

没年:大正9.9.12(1920)
生年:慶応3.10.10(1867.11.5)
明治大正期の国際法学者。信濃高遠藩(高遠町)の儒者高橋白山の子。明治27(1894)年帝大法科卒。穂積陳重の推薦で海軍大学校教授となり,日清戦争(1894~95)に国際法顧問として旗艦松島に乗って従軍。威海衛で丁汝昌提督への降伏勧告文を起草した。30~34年ヨーロッパ留学ののち,東京帝大教授。日露戦争(1904~05)に際しての対露強硬論七博士のひとりで,軍嘱託として参戦した。大正3~5(1914~16)年大隈内閣法制局長官,5年貴族院勅選議員となる。著書は多いが,大著『平時国際法論』は著名。明治40年秋渡米した際,西海岸日本人無政府主義者たちの活動を探知し,密かに山県有朋に報告し,それが大逆事件(1910)摘発の一契機となったという。

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高橋作衛の関連キーワード有賀長雄高遠立作太郎横田喜三郎江島小野光景田岡良一高橋確斎内藤頼由星野葛山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone