高橋富枝(読み)たかはし とみえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋富枝 たかはし-とみえ

1839-1921 幕末-大正時代の宗教家。
天保(てんぽう)10年10月28日生まれ。金光(こんこう)教立教のころに入信,「千人にひとりの氏子」と教祖に信任され,金照(こんしょう)明神神号をゆるされた。岡山県金光教布教につとめ,明治18年六条院支教会所をひらいた。大正10年4月20日死去。83歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android