コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋富枝 たかはし とみえ

1件 の用語解説(高橋富枝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋富枝 たかはし-とみえ

1839-1921 幕末-大正時代の宗教家。
天保(てんぽう)10年10月28日生まれ。金光(こんこう)教立教のころに入信,「千人にひとりの氏子」と教祖に信任され,金照(こんしょう)明神の神号をゆるされた。岡山県で金光教の布教につとめ,明治18年六条院支教会所をひらいた。大正10年4月20日死去。83歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋富枝の関連キーワードタンジマートヴェナイト新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧安田善次郎フェン岩ダシュティー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone