コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金光 こんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金光
こんこう

岡山県南西部,浅口市東部の旧町域。瀬戸内海沿岸の丘陵地にある。 1923年町制施行。 2006年鴨方町,寄島町と合体して浅口市となった。地名金光教本部があることによる。北の遙照山地,南の大島山地の間に位置する。平野部の大部分は寛文年間 (1661~73) の干拓地である。安政6 (1859) 年に金教が立宗され,大谷に門前町が形成され宗教中心地として発展。金光教本部のほか金光図書館,金光学園も置かれ,春秋2回の大祭には多くの信徒が全国から集まる。付近はモモ,ナシ,ブドウ栽培が盛んで植木の産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐こう〔‐クワウ〕【金光】

黄金の光。金色の光。

こんこう〔コンクワウ〕【金光】

岡山県浅口(あさくち)市の地名。旧町名。金光教本部がある。平成18年(2006)鴨方町・寄島町と合併し浅口市となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんこう【金光】

金色の光。黄金の光。 「朝日の-に浴するもめでたく/希臘思潮を論ず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金光
こんこう

岡山県南西部、浅口(あさくち)郡にあった旧町名(金光町(ちょう))。現在は浅口市の東部を占める地域。岡山平野の西部にあり、金光教の門前町として発達した。旧金光町は、1923年(大正12)三和(みわ)村が町制施行し、金光教にちなむ町名とした。2006年(平成18)鴨方(かもがた)、寄島(よりしま)2町と合併して市制施行、浅口市となった。JR山陽本線、国道2号が地域の中央を東西に走る。1859年(安政6)金光教の本部が置かれ、春秋の大祭には全国から多数の参拝者が集まる。中央部を東流する里見川の自然堤防上の砂地を利用した植木生産が盛ん。[由比浜省吾]
『『金光町誌』(1955・金光町) ▽『金光町史』全4巻(1998~2003・金光町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金光の関連キーワード大阪府大阪市西区江戸堀三重県三重郡朝日町縄生島根県隠岐郡海士町海士白神新一郎(初代)金光明最勝王経香取 繁右衛門香取繁右衛門川手 文治郎金光 摂胤川手文治郎金光〈町〉井上宗次鎮護国家吉備正宗金光大神賀茂金秀金光明経金光摂胤金光新聞最勝王経

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金光の関連情報