コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金光 こんこう

5件 の用語解説(金光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金光
こんこう

岡山県南西部,浅口市東部の旧町域。瀬戸内海沿岸の丘陵地にある。 1923年町制施行。 2006年鴨方町,寄島町と合体して浅口市となった。地名は金光教本部があることによる。北の遙照山地,南の大島山地の間に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きん‐こう〔‐クワウ〕【金光】

黄金の光。金色の光。

こんこう〔コンクワウ〕【金光】

岡山県浅口(あさくち)市の地名。旧町名。金光教本部がある。平成18年(2006)鴨方町・寄島町と合併し浅口市となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんこう【金光】

金色の光。黄金の光。 「朝日の-に浴するもめでたく/希臘思潮を論ず

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金光
こんこう

岡山県南西部、浅口(あさくち)郡にあった旧町名(金光町(ちょう))。現在は浅口市の東部を占める地域。岡山平野の西部にあり、金光教の門前町として発達した。旧金光町は、1923年(大正12)三和(みわ)村が町制施行し、金光教にちなむ町名とした。2006年(平成18)鴨方(かもがた)、寄島(よりしま)2町と合併して市制施行、浅口市となった。JR山陽本線、国道2号が地域の中央を東西に走る。1859年(安政6)金光教の本部が置かれ、春秋の大祭には全国から多数の参拝者が集まる。中央部を東流する里見川の自然堤防上の砂地を利用した植木生産が盛ん。[由比浜省吾]
『『金光町誌』(1955・金光町) ▽『金光町史』全4巻(1998~2003・金光町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金光の関連キーワード瀬戸内岡山県浅口郡鴨方〈町〉岡山県浅口市鴨方町深田金光〈町〉岡山県浅口市金光町占見岡山県浅口市金光町須恵岡山県浅口市金光町八重寄島〈町〉岡山県浅口市寄島町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金光の関連情報